2014年4月17日木曜日

♪ 離婚関係事件の実績

【ケース1】 離婚請求棄却

依頼者Y 60代女性
相手方X 70代男性



Yさんは,夫のXさんから離婚を求められました。
離婚調停では話がつかず,とうとうXさんから離婚訴訟を提起されました。
Xさんは調停段階から弁護士に依頼していましたが,Yさんは一人で対応しました。
訴訟を起こされるに至って,限界を感じて相談に来られました。

Xさんの挙げる主な離婚原因は,悪意の遺棄でした。
Xさんは持病があるのに,Yさんは何も気をつけることなく,Xさんが息子と一緒にあざ笑っているなどという事実が,訴状には書かれていました。

私は,2人の自宅を訪問し,家庭の現状を確認しました。
そして,全く遺棄の事実などはないこと,Yさんには婚姻継続の意思が固いことなどが確認できました。
Xさんは持病により判断能力が落ちていること,病気のためドクターストップがかかった事をYさんが抑止することが気に入らない,というのが事件の真相のようでした。

当初,裁判官は離婚をしたうえで,金銭的に調整する和解を見据えていたようですが,上のような事実を証拠によって立証することにより,請求棄却の判決を得ることが出来ました。

その後,関係は修復され,現在も夫婦関係は上手くいっているようです。





摂津市,吹田市,茨木市,高槻市,島本町で,離婚に関するご相談は, 大阪北摂法律事務所まで。 もちろん他の地域からのご相談も受け付けています。 お気軽にどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント欄から相談いただいても,回答することは出来ません。
必ず,電話またはホームページのフォームを利用してご連絡下さい。